Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


『日本人が知らない日本語』

この本がひどくおかしいのだ。
書いたのは日本語学校の教師であるなぎこさん。

生徒は、

お城に住んでいるフランス人のマダム・・仁侠映画マニアで、DVDで日本語を勉強・・「おひかえなすって」なんて日本語をしゃべる。

時代劇大好きなスウェーデン人の若い女性・・・黒澤映画にあこがれ、友達に「武士に斬られる」と渡日をとめられるが、武士は魂があって一般人には手を出さないと説得して日本へ来た。日本で馬ではなく車が走っていてびっくりした・・・「これはいたみいります」とか「ちょこざいな」などと言う。

飲食店でバイトしている中国人。

など、など。

・・で、最初に出てくるこれ。
笑いました。

   

   

   

   

    

« 息KOったら、インフルエンザ – はなパパちゃんからまた「のはらぱん」 »

作成者:
ぷーまま
日付:
2012年4月9日 um 3:23 PM
Category:
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする