Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


ミョウバン結晶つくり

この、雑然としたぷーままの机の上。
教科書やプリント原稿、成績、その他もろもろと、実験材料などが並んでいる。


こんなものやら、


こんなものやら(笑)。 まるで、子供の宝箱だね、こりゃ。

そこで、ちまちま、ミョウバン結晶つくりのタネ結晶を作る。


買ったミョウバンの中から、形のいい結晶をピンセットでつまみ出し、


アルコールランプでエナメル線のエナメルを焼いて、すすを完全にふき取った上で、真っ赤に焼いたエナメル線をミョウバン結晶に差し込んで作るのだ。


ミョウバン結晶が、熱で溶けて、銅線が中に突き刺さる。


こうやって、人数(130人)プラス50本くらいを作る。

鼻息でアルコールランプの火が揺れちゃう(笑)。

でも、これが、


こんなのや、


こんなのや、


こんなのになるんだから、がんばらなくちゃね。

本当は、もってる子供の顔もつけて見せたい!
ものすごく得意そうな顔だから。

ところで、Optioの顕微鏡機能、すごい!!

« 酒粕をたべる – お出かけしたら雨降り »

作成者:
ぷーまま
日付:
2012年2月24日 um 9:36 AM
Category:
学校
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする