Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


今度はキジバト

拾ってきたのは校長先生。
早朝の通学路見回りの時に歩道でうずくまっていたそうだ。
生徒が拾ってくるのは目に見えているので先手を打って拾ってきた。

どこも怪我はしていない。
でも、足が全く立たないどころか、うずくまるバランスすら取れない。

羽先にまだ産毛がちょろりと残っている雛なのだけれど、飛んで車にあたったとか??
それとも、もともと体が悪くて、だんだん体が大きくなって動けなくなった???

今まで拾った4羽のうちで一番悪い状態化も・・・
小鳥の病院、金曜土曜が臨時休診で、しょうがないから連れてきた(山梨)。

さて、どうなる??

 

 

 

 

 

 

« ちょっと素敵な作品 – 山梨に来ています »

作成者:
ぷーまま
日付:
2013年9月21日 um 3:10 AM
Category:
2013 ヘビ トカゲ 魚 ハトなど
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

2件のコメント »

  1. D.D.

    ぷーままさんのおかげで、日頃間近にみれない動物の顔を
    じっくりおがめます。
    こんな顔なんですね。かわいい。。。
    はやく元気になってほしいですね。

    #1 コメント vom 21. 9月 2013 um 6:18 PM

  2. ぷーまま

    D.D.さん、この子は放鳥は無理みたいです。
    以前カラスの子がいたのを覚えていらっしゃいますか??
    あの子ほどではないにしても、かなりの先天的な障害を持っているようです。
    (古い記事の更新遅くて済みません。そのうちカラスも見れるようにします…汗)

    あの子ほどではなくて、生きて行けそうなら、車いす(鳥用ですから上からつるしかない)を作ってやろうと思います。
    今のところ水は自分で飲めますが、餌はとれません。
    どうなるかなあ・・餌を食べられるようになればなあ・・と思います。

    #2 コメント vom 22. 9月 2013 um 4:32 PM

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする