Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


七年ぶりの

8月、山梨からの帰りに、
あの、「永井の酒饅頭」のテントが新しくなっているのに気付いてコンビニの奥さんに聞いた。

ご病気になった当代のご主人がこの春校長を定年退職して、饅頭屋をつぎ、再開するということだった。
「 8月のお祭りには間に合わないらしいけれど・・・ 」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
読売オンラインより
山梨県上野原市の名物・酒まんじゅうの老舗で、7年間にわたり休業していた「永井酒饅頭まんじゅう店」が今月、営業を再開した。

先代の娘婿、永井利夫さん(60)が今春、教員を定年退職したのを機に、4代目として家業を継ぐことになった。永井さんは「お客さんに喜んでもらい、老後の生きがいになれば」と張り切っている。

同店の初代・亀吉は明治中期、上野原に酒まんじゅうの商品化を広めた人物とされ、創業100年以上の歴史がある。3代目が2000年に亡くなった後、娘の美穂子さん(60)が切り盛りしてきたが、体調を崩して06年7月から休業。婿養子の利夫さんはこの間、まんじゅうのもとになる大切な酒種さかだねを残そうと、米を炊いて麹こうじと合わせ、酒種を作っては半分捨てることを繰り返し、店を再開する夢を抱いてきた。

利夫さんは上野原市から勤務先の相模原市に通い、今年3月、同市立串川小校長を最後に定年退職し、38年間の教員生活を終えた。これまで休日の土日を中心に、店であんこ詰めなどの作業を手伝ってきており、「この経験があったからこそ、家業を続ける決心がついた」としみじみと話す。

店は今月2日、利夫さんと女性従業員3人の体制で再開。あんまん、みそまんなど従来の商品に、生地のみの新商品「あんなし」を加えた7種類を、手作りで1日当たり計約500個生産し、1個60~100円で販売している。

昔のなじみ客が次々に訪れる盛況ぶりで、利夫さんは「対面販売でコミュニケーションがとれるのがいい」と忙しさを楽しんでいる。


            あんこ詰めに汗を流す店主の永井利夫さん

(2013年9月11日 読売新聞)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

亡くなったお山のばあば(叔母)が、「 酒饅頭なら永井さんだよ。 」 といつも言っていた。

新製品、「餡無し」が出来た。
とにかく、上野原の酒饅頭は皮が命。 しっとりもちもち。
その皮だけのが 「あん無し」。
餡、 塩餡、 味噌、 おかか、 とと(塩鱒)、 高菜、 餡無し の7種類。
60円から100円。
今日は残念ながら、お彼岸で餡の需要が多いそうで、あん、味噌、高菜、餡無しの4種類しかなかった。


レーズンが3つ載っているのが餡無し。

またまた楽しみが出来た。

   

   

   

   

   

 

« 気持ちいいだろうなあ – 小鳥の病院に行ってきた »

作成者:
ぷーまま
日付:
2013年9月24日 um 12:00 AM
Category:
2013 山梨
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

5件のコメント »

  1. ビンママ

    まえ~にブログで見せていただいたような・・・記憶違いかな。

    7年前にはあった、ということは私も買おうと思えば買えたのね・・・残念。

    #1 コメント vom 24. 9月 2013 um 12:47 AM

  2. ナカムラ

    良いものが消えていくことが多いこの時代に,反対に復活するとは素晴らしいですね!!
    家からそう遠くはないので,近くを通る機会に是非買いに行きたいです。

    #2 コメント vom 24. 9月 2013 um 1:15 AM

  3. ぷーまま

    ビンママちゃん、
    永井さんをブログにのせてはいないと思うのよ。
    反対側にある髙島屋さんをここの所使っておりました。
    髙島屋さんはお安いのです(全品70円)。

    それにしても、酒種をずっと生かしていた(飼っていた)なんて!

    #3 コメント vom 24. 9月 2013 um 6:54 AM

  4. ぷーまま

    ナカムラ先生、
    この先生のいらした小学校は、津久井から厚木に向かう途中の串川橋手前にある串川小学校でした。
    いつも、父が山梨の帰りに串川橋から左折して相模川沿いを厚木に向かったところです。
    父は相模川沿いの座間に近い磯部という集落の出身だったのです。

    余計に親しみを持ちました。

    ここの皮はもっちりしっとりしていて、店によって違うのだなあと思ったら、なんと、酒種を保ち続けていたとは! 驚きでした。 
    調べたら、みんなちょっとずつ種類が違うのでしょうか。 配合が違うのか。それとも性格が違うのか。 調べたら面白いでしょうね。
    買われるときは前もって電話予約することをお薦めします。
    餡無し60円、餡、・塩あん70円(?)、みそ80円、おかか90円、高菜・とと100円だったと思うのですが。
    上野原以外にはない、塩あん、とと、この店のおかか、高菜、お勧めです。
    塩あんは皆さん驚かれますよ。
    (髙島屋さんの塩あんが餡の量が多いです。)

    #4 コメント vom 24. 9月 2013 um 7:02 AM

  5. ナカムラ

    ぷーままさん,詳しい情報を有難うございます。
    ますます買いに行きたくなりました。

    #5 コメント vom 26. 9月 2013 um 9:31 AM

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする