Zum Inhalt springen


おバカなプーたろう


あれはですね・・・

実は先週土曜日に、小笠原漁師Aさん夫婦が食べに来るので、
習ったばかりのタイ、グリーンカレーを作って食べさせてやろうと、近くのスーパーに食材を買いに走ったのです。

裏から裏へ走って、国道を左折して、いろいろなものを売っているスーパーに着くはずでした。

ぷーままバイクは青い線です。
前は二車線の国道で優先道路です。
この脇道からは国道までは登り坂です。
右からうるさい音を立てたバイクが走ってきたので、ちょっと手前で一時停止して待ちました。
バイクが行ったのを見送り、おそらく後続が来ないのを確かめながらバイクを発信したんだと思います。
普通に運転していたから細かいところは覚えていません。
普通にぼーっとしていたという感じかなあ。
坂道なのでふかし気味で発信したら、『 来ないでぇー!』というような叫び声が聞こえました。
顔を前に向けると・・(だから顔は右を向いていたのでしょう)私の前を通り過ぎようとする自転車が・・・
バイクは加速中ですから急にはとまりません。
ブレーキをかけながら思い切り左にハンドルを切りましたが、自転車の後輪の一番後ろに、私の前輪が当たりました。
自転車の女性がバタンと倒れるのを見ました。
が、私も、左に思いきりハンドルを切ったのと、上り坂だったのとで、左に倒れました。
膝の上にカメラやタブレットが入ったかばんが乗っていたので、自分だけ逃げるわけにもいきませんでした。

左足がバイクの下敷きに。
ふくらはぎの真ん中を思い切りつぶされました。
それがこのあざの原因です。

次の朝、寝ている間に皮膚側に血液が移動し、それ以降は重力に従ってだんだん足先に下りていきます。
夜、右下にして寝るので、足の内側に多くなってきました。
ヒルドイド(血液凝固防止剤)を塗っているので却って広がっているという面もあります。
紫色のところより、元のちょうど真ん中あたりがまだ思い切り痛いですが、これは、打撲傷というんだろうなあ。

 

土、日、と、そんなに痛くなかった上半身、左の肋骨あたりを打撲しているなあと思っていたのが、
月曜に学校に行ったら思い切り痛くなってきて、
こちらは、整形外科に行っても「軟骨のところはレントゲンに写らないんだよね。」「でもその痛み方は折れてるかな。」だそうです。
日に日に痛みがひどくなります。

肋骨を痛めているのに、お米を買いに行ったり、いろんな物運んだり、肋骨に負荷をかけてばかりいるせいでしょう。
だって、私の生活って、そういう生活なんだもの。
重いカメラバッグもいいわけありませぬ。

 

そんなわけで、肋骨はコルセットするしかないので、
今はこの、「バストバンド」をしています。
咳をしたり、大声を出したり、笑ったり、左手を伸ばしたり、重いものを持ったりするととても痛いです。
最初は痛くなかった行動がどんどん痛くなるのは酷使しているからでしょう。

あ~~あ。

肋骨折るのは3か所目です。
一か所目の時は同じところを3回も折りました。
その時もバイクでした。

今回バストバンドを買って帰ったら家にありました。 洗い替えです(笑)。

というわけで、12月までに治っているといいなあ・・・

 

相手の女性は、ひざとひじを一か所ずつすりむきました。
洋服まで穴が開くような転び方はしていません。
警官が救急車を呼んだので、市民病院に運ばれて、「なんともない」と言われて歩いて帰って来たそうです。
彼女が右側歩道走行をしていたのも原因の一つではありますが、
どちらも違反です。自転車は左側の車道を走らなくてはなりません。 でも、子供やお年寄りは歩道を走ることが出来ます。)
やっぱり私の左側の確認不足ということになります。
普通に見たとは思うのですが、左の駐車中の車が邪魔して見えにくかったことも確かです。
見えにくいのだから、もう一度左を確認しないといけませんでしたね。
相手が擦り傷で済んでよかったです。

 

 

 

 

 

 

« え~~と – 追加のベーコン »

作成者:
ぷーまま
日付:
2013年10月27日 um 6:00 PM
Category:
2013 日記
Tags:
 
Trackback:
Trackback URI

22件のコメント »

  1. ラッキーママン

    もう、なんてことでしょ!

    これ以上酷いことにならなくて良かったです。
    この際です、思いっきり手抜きして体を
    休めましょう。

    早く良くなりますように。

    #1 コメント vom 27. 10月 2013 um 9:24 PM

  2. ドべ子

    きゃぁ~~!!痛そう!!

    危ない自転車、最近多いですよね。
    何でもっと厳しく取り締まらないんだろう?

    お大事に!!
    無理は禁物ですぞ。

    #2 コメント vom 27. 10月 2013 um 9:29 PM

  3. oritomoiori

    こんなひどいことになっているとも知らないで、
    あんなに重いお米を買ってきていただいて、申し訳ありません。
    元気な私でも、お米は重かったです。

    どうぞ、お大事に。

    #3 コメント vom 27. 10月 2013 um 9:38 PM

  4. ぷーまま

    ラッキーママンさん、
    こういう時に思いっきり手抜きできる環境に居たかったです。
    でも、これだからなあ、私の環境。

    夜、ベッドにもぐりこんでくるノエルにけられたときはさすがに頭に来ましたけれど、
    大声出すのも痛いし、ひっぱたくのも痛いので仕返しできなかったです。

    #4 コメント vom 27. 10月 2013 um 10:16 PM

  5. ぷーまま

    ドべ子さん、
    これで相手が怪我していたら泣き面にハチです。
    かすり傷で本当によかったです。

    相手が骨折だったら、と思うと、
    本当に私でよかった~~。

    #5 コメント vom 27. 10月 2013 um 10:18 PM

  6. ぷーまま

    oritomoioriさん、
    あのころはまだそんなに痛くなかったのです。
    だんだんひどくなってきて、この週末が最悪。

    お米、おいしいですね(笑)。ついつい食べすぎます。

    #6 コメント vom 27. 10月 2013 um 10:20 PM

  7. nazeka nihongoga utenakunatte simattanode
    kannketu ni kakimasu><

    nyuuin suruyouna koto ni naranakute
    yokattadesu
    kureguremo gomuri narasanaide kurasite kudasaine

    #7 コメント vom 27. 10月 2013 um 11:40 PM

  8. ぷーまま

    葵さん、
    パソコンの不具合、困りましたね。
    咳が出なければかなり過ごしやすいんですが・・そんな時に限って咳が出る・・。
    骨折、何回目かなあ・・・

    #8 コメント vom 28. 10月 2013 um 12:05 AM

  9. くら

    事故でしたか、それにしても大怪我・・・トホホですね。
    わたしはママチャリもバイクにも乗るけど、
    気をつけないといけないと今自分に言い聞かせました。
    年取って反応も鈍くなってるし(自爆)

    ぷーままさん どうぞお大事に、早く回復しますように(祈)

    #9 コメント vom 28. 10月 2013 um 5:41 AM

  10. ぴらちゃん

    一応日常生活送れるようだから良かったのだろうが、大変でしたね。

    これからの季節、無灯火・右側通行・スマホという非常識者が増えるので、今まで以上に気を付けてください。

    #10 コメント vom 28. 10月 2013 um 7:03 AM

  11. オーロラ

    自転車やバイクは、ひとたび事故が起こると怪我につながって、本当に痛いことになっちゃいますね。紫色になった、おみ足がなんとも痛そうです。お大事にしてください。わたしも肋骨骨折の経験者です。しばらくの間、周りの人を頼って、できるだけ、いろんなことをやってもらいましょうよ。「しばらく、ゆっくり休みなさい」という神様のお告げなんですよ、きっと。

    #11 コメント vom 28. 10月 2013 um 11:22 AM

  12. ビンママ

    確かにぷーままの左側確認不足もあるだろうけれど、歩道を走っている自転車が「きゃー、こないで~」でとまれないっていうのも腑に落ちない。

    自転車の非常識走行はなんども見ています。
    つい先日の夕散歩時はバイクが曲がるのを確認してから道(普通の住宅地の道です)を渡ろうとしたら、バイクの真後ろに無灯火の自転車がいて、すんでのところではねられるかと思いました。

    初めて人身事故やっちゃったかと思ったのも自転車です。
    それも私の左側確認不足化とおもいますが、左折し終えたと思ったところで左側後部に自転車がぶつかってきました。 乗っていたひとは転びましたが 「大丈夫です。 それより車に傷つけちゃいました」 と言ってそのまま去りました。 そのひとの友人らしい人がすぐそばの横断歩道を歩いていて目撃されています。

    被害者?が去ってしまったのでそのまま帰宅して、ディーラーに修理依頼をしたら担当者からすぐ警察に行くように言われ、警官からは次回は必ず現場に警察を呼ぶように言われました。 被害者?になにかあって先に報告がいってしまうとひき逃げになりかねないみたいです。 また、被害者から報告があったら人身事故としてゴールド免許も取消しだそうです。

    幸い?今のところその後の連絡はありません。 が、車はフレーム部分にダメージが出て高額な修理代になりました。 いわゆるブレーキのないスポーツ自転車の類だったのかもしれません。 ケガはありませんでしたが、かなりショックは残りました。
    本当に自転車相手は注意が必要ですね。

    ベーコン出荷、その痛みの最中だったのではありませんか? 近ければお手伝いできるのに、なんでもひとりでこなさないといけないぷー家、とにかく最小限の動きで乗り切ってください。 お大事に。

    #12 コメント vom 28. 10月 2013 um 2:31 PM

  13. ぱぷりか

    ああああーー・・・痛そう・・・。文字を見てるだけで痛いです。
    私も今年、実は2回事故にあってます。幸い、物損だけでケガはないのですが、
    ケガがなくてもショック大きいのに、ケガされてしまうと、ほんと心も痛いですよね。
    早く良くなりますように。
    もうほんとそれだけです。

    #13 コメント vom 28. 10月 2013 um 7:50 PM

  14. ぷーまま

    くらさん、
    自転車に乗っていて、車やバイクに当たられたら「痛い」じゃすまないことも多いです。
    気を付けましょうね。

    #14 コメント vom 28. 10月 2013 um 10:39 PM

  15. ぷーまま

    ぴらちゃん、スマホは本当に多いですね。
    右側を走ってはいけないって、知らない人も多い。。。
    気を付けます。

    #15 コメント vom 28. 10月 2013 um 10:41 PM

  16. ぷーまま

    ビンママちゃん、
    最初二日痛くなかったので油断しました。
    ひびが入っていたところが離れちゃったのかも・・・
    (そういうことないか、今度聞いておいてください)

    警官が彼女にさんざん言って、救急車を呼んだのですが、運ばれた市民病院では土曜だから診断書は出せないと言われ、遠いのに歩いて帰ったそうです。
    その後、土曜でもやっている整形外科に行ったとか。
    そんな面倒くさいこととわかっていたら、救急車呼ぶのを承諾しなかったのに,警官は良くわかっているんだろうからちゃんと説明してくれたらいいのに・・・などと言っていました。

    まあ、何はともあれ、その程度のけがで済んでよかったです。

    #16 コメント vom 28. 10月 2013 um 10:46 PM

  17. ぷーまま

    ぱぷりかさん、
    車のもらい事故で、二日置いてむち打ちの障害(右の頬の感覚が無くなった)が出て医者に行ったら、事故証明が無くては診療できないと言われ、
    ・・・これ、ウソですね。事故だから保険がきかないというの。
       どの医者も面倒くさいからそう言うらしいです。・・・
    現場検証を頼んだら、敵が知恵つけられてきて、ついでに警察署に知り合いのいるやつが頼み込んでいて、ウソの事故調書を作られたことがあります。現場検証だというのに、車の傷を見ないのです。
    並走していた時に、左を見ずに左に車線変更してきて私の車の右側にぶつかったのに、
    「私が彼女の車を後ろから前までこすった」という書類に判を押せというのです。
    「これ、違います。」といったら、
    「本官は事故を多数みていて、車を見ればすぐわかる。ウソをつくな。判を押せ。」と怒鳴る。
    警察の中で喧嘩するほど図太い神経は持ち合わせていないので、しょうがなく判を押して帰りました。

    帰宅後、山梨県警の交通課のトップをやったことのある親戚に電話したら、そういうときの連絡先を教えてくれました。それでもダメな時の訴え先も。(あるんです)
    最初の連絡先ですぐに用は済みました。
    その連絡先を知っている時点で話は通りやすい、という、そういう世界のようです。

    「はい、もう一度現場検証をやらせていただきます。再びのご足労大変申し訳ないです。」
    「当然、あちらの予定もこちらで問い合わせて、ちょうどいい日にちを連絡させていただきます。」
    「はい、それは当然です。前回の者は絶対に立ち会わせません。」
    「大変嫌な思いをさせ、申し訳ございません。二度とこのようなことの無い様に・・」
    大変丁寧に対応され、2度目の現場検証では、ちゃんと両車の傷を確認し、彼女のサイドミラーが畳まった裏側に私の車の塗料がしっかり残っていて、彼女の言うところの
    「相手の車が左後ろからずっと私の車を前までこすった」のではないことが判明。

    ところが、彼女、現場での検証中に、警官に、「あなたはこの付近で左に車線変更して左を走っていた被害者にぶつかった」と言われて、
    「あたしがウソついているっていうんですか!」と道路の真ん中でおいおい泣きだした!
    警官が、困った顔で「すみません、先にお帰り下さい。」だって!

    そのあと、警察でもう一回顔を合わせた時に、むち打ちの私に、
    「むち打ちって治らないんですよね。私も何年も前にやったんだけど、治らないもの。」
    と抜かした! 保険会社の彼女担当が「そんな失礼なこと言ったんですか?すみません。」とあきれていた。

    なんてことがあったので、今回は、動力付きの私の方に非があるのだろうから、とりあえず、すべてお払いしました。

    #17 コメント vom 28. 10月 2013 um 11:03 PM

  18. ビンママ

    事故だから(健康)保険がきかない・・・これは、あとあと保険会社の書類で処理することになるはずだから、ってことでしょ?

    しかし、読めば読むほどおそろしいね~。
    ケイサツに知人がいるかいないかで大きな違いが出る?・・・う~ん。

    #18 コメント vom 29. 10月 2013 um 12:08 AM

  19. ハタやん

    お大事に...

    #19 コメント vom 29. 10月 2013 um 1:01 AM

  20. ぴらちゃん

    >しかし、読めば読むほどおそろしいね~。
    >ケイサツに知人がいるかいないかで大きな違いが出る?・・・う~ん。

    激しく頷いてしまいました。
    肝に銘じしっかり覚えておきます。

    >「あたしがウソついているっていうんですか!」と道路の真ん中でおいおい泣きだした!
    こういう事出来る女羨ましいよ(怒)

    #20 コメント vom 29. 10月 2013 um 7:27 AM

  21. ぷーまま

    ぴらちゃん、スパムコメントを退治するようにしたら、ぴらちゃんのコメントがそっちに入っちゃってました。すみません。
    そうなんです。まったく。
    あの相手があまりにすごかったので、今回加害者に回ってしまったわたくし、どうもよい子の加害者になっています。嫌だなあそれも(笑)。
    警官にあきれられる、50くらいで道路の真ん中で大嘘こいて泣けるというのは、凄いことですよね。

    #21 コメント vom 03. 11月 2013 um 2:33 AM

  22. ぷーまま

    ハタやん、ありがとう。

    #22 コメント vom 03. 11月 2013 um 2:34 AM

Kommentar-RSS: この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする